着物のリフォームをしています

私は子どものころから細かい作業が好きで、手芸とか裁縫が得意でした。

その後ほとんど独学ですが、現在は洋裁も和裁も素人としては洋裁も和裁も比較的上手にできるようになりました。
10年ほど前に、母が「これを何かにリフォームしてくれない?」と着なくなった着物を持ってきました。

タンスを整理していて、眠っているたくさんの着物のことが気になり、一度は処分しようとしたのですが、もったいなくてリフォームを思いついたようです。
自分より私のほうが上手にできるだろうと思ったようです。
私はそれらの着物から、母用にワンピースやブラウスを作りました。

また、自分が着るものとしてTシャツにも変化させました。
そうしているうちに、ほかの人からも着物のリメークを依頼されるようになり、はやりのチュニックなどを作って喜ばれています。
着物の柄はシンプルで美しいので、何に代えてもとても映えます。

しっかりした着物地を裁断するのは結構勇気がいりますが、思い切ってはさみを入れると、センスの良い服に仕立て直すことができます。