緊急ニュース速報

季節はきっと、まだ春ってところなのに、なんだか朝から暑い日でした
旦那は仕事に行ったし、子どもたちもそれぞれ学校や幼稚園に送り出したあと、掃除や洗濯なんかの家事を一通り終えた私は、ベランダに干した布団に寄りかかりながら、どこまでも青く晴れ渡った空をぼんやりと眺めてました。

ふとベランダの下から賑やかな笑い声が聞こえてきて、そちらに目をやると、マンションの中庭の小さな砂場で、若いお母さんたちが3人、それぞれの小さな子どもたちを遊ばせながら、楽しそうにおしゃべりしている姿が目に入りました。

うちはマンションの3階

人の声や音って結構上に上がってくるもので、ところどころ聞こえてきた会話から、どうやらテレビドラマの話に花を咲かせているようでした。

「××観た?」「○○、やっぱりカッコイイね」「・・・でね、うちの旦那には、結構妥協してあげたのよ・・・」「うちも~!」そんな、他愛のない会話に思わず微笑んだりしていました。

突然、付けっ放しになっていたテレビから緊迫した声が聞こえてきて振り向いたら、『緊急ニュース速報』ってテロップが入り、緊張した面持ちのニュースキャスターがまくしたてるように『○○で自爆テロが発生しました!

死者は今現在わかっているだけでも40人、この中には女性や子どもも含まれているものと思われます!』って繰り返していました。

そのニュースに、キューッと胸を締め付けられるような思いがして苦しくなり、外の空気を吸おうと再びベランダへ出ました
ベランダにはお日様の匂いのする布団と、相変わらずの子どもたちの歓声と若いお母さんたちの笑い声が待っていて、『大丈夫だよ』って落ち着かせてくれました。

・・・この国って平和ですね